本文へスキップ

坐骨神経痛を根本原因から改善する針治療専門鍼灸院|京都、神戸、堺、守口、門真、寝屋川、枚方、大阪、高槻、茨木、吹田、豊中、箕面、池田、川西、尼崎、宝塚、伊丹、西宮

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.072-761-5589

大阪府池田市石橋1丁目23-5 神戸屋ビル1F

坐骨神経痛sciatica pain

坐骨神経痛

口コミ
もし、あなたが坐骨神経痛で激烈な痛みにこまっているならうちに来てください


体験談

大住様 大阪府箕面市

1.治療を受ける前はどのような症状に悩まされていましたか?
腰痛と肩の痛み、あと膝が痛んでいたような感じです。
2.その問題を解決するためにどのような治療を受けてきましたか?
主に整形外科で痛みに対しては鎮痛剤とか、膝に対してはヒアルロン酸の注射、ぎっくり腰で痛みがひどかったときは神経ブロックばかり受けてきました。
3.治療前(以前)と治療後(現在)を比べてどうですか?
スカッとよくなる感じではないんですけど、少しずつ気が付けば痛みが取れてたとか、動けるようになってるみたいな、そういう感じです。
腰の張りも楽なので助かっています。
4.治療法に他の院とどんな点が違いますか?
今までは西洋医学といったものを受けてきたので、東洋医学は今までなかったんですけど、とにかく先生がお話をよく聞いてくださって、私の症状とかを診てくださって、それに付随してどういった治療をしようと考えてくださるので、腰が痛い膝が痛いと痛みが取れることも大事なんですけど、それプラス、
身体全部がだんだん良くなって、うまくまわっていく感じがします
5.どのような方にお勧めしたいですか?
身近な家族
今まで針とか受けたことがなくて、色んな治療をしてきたけど良くっていない、なんとなく不調だという方に受けて頂けたらなと感じます。

辻様 60代 池田市

Ⅰ.治療を受ける前はどのような症状で悩まされていましたか?
慢性的な腰の痛みは前からありました。
あるときスポーツのしすぎで、足と腰が耐えられなくなるくらい痛くなりました。
Ⅱ.その痛みを解決するために治療や病院はいきましたか?
主に阪大系の病院。 箕面と大阪市内に大きな病院でX線とMRIを撮りました。
どちらも治療はなかったので、神戸の大きな病院を受診しました。
そこでは脊柱管狭窄症とはっきり言われました。
Ⅲ.当院での治療前と治療後はどう変化しましたか?
一言でいうと激変。 他の治療院ではマッサージと電気治療を2年以上くらい続けていた。
それは効いているか効いていないのか・・・ 酷い時は間欠性跛行で杖をついて電柱から電柱まで歩くのにフーフー言っていたこともありました。
マッサージと電気治療で段々と良くなってきた感じはあったんですが、なかなか治らないので、おもいきって木もれび鍼灸院に受診しました。
一回目で激変でした。
Ⅳ.当院は鍼灸専門ですが、どのような印象を受けましたか?
マッサージは受けた時は気持ちいいが、正直本当に痛みがとれるという感じはなかった。 電気治療も効いているのか効いていないのか半信半疑の状態でした。 そこはスポーツ選手も来るようなところだったので、私は良いと思っていっていました。
鍼灸だけを受けて、こんなに良くなるのかとびっくりしました。
正直なところ・・・
Ⅴ.鍼灸専門はどのような方におススメされたいですか?
周りに腰痛や膝痛で悩んでおられる方が多いので、この喜びをみんなで分かち合いたいです。



予約・問合せ

tell

mail

line




あなたはこのような不安や悩みを抱えていませんか?
  • 今年はゴルフを諦めている・・・
  • 整形外科や整骨院での保険治療では効果が感じられない
  • 身体をひねるとお尻が裂けそうな痛み
  • 右足だけが異常に重たい
  • 痛み止めを連続で使うことに恐怖を感じている
  • ペインクリニックの注射に通っているが根本的に治したい
  • その場しのぎのマッサージはお金と時間のムダ
  • 紹介してもらった大きな病院でも検査ばかりでまったく会話がなく、痛みも一ミリも変化していない
  • 根本的な原因を知り、治療したい
  • 一生このままかな・・・
このような症状に悩んでいるのであれば、当院にご相談ください。
必ずお役に立てるはずです。このまま読み進めてください。
この当院のホームページを速やかに閉じてください。

木もれび鍼灸院 院長からのメッセージ

はじめまして。木もれび鍼灸院、院長 弓削周平と申します。
このホームページを真剣に読んで頂いているあなたはきっと誰にもわかってもらえないような坐骨神経痛や椎間板ヘルニアに悩んでおられるのだと思います。
残念なことに悩んでおられる坐骨神経痛、椎間板ヘルニアの治療に対して、大阪や兵庫在住の患者様が『病院での処方薬』や『マニュアル通りの決まったマッサージ、電気治療』など根本的な治癒に対して間違った施術を受けてしまっているのが現状です。
様々な治療法やアプローチの仕方を否定するつもりはありませんが、本来ならば正しい施術をすれば症状の改善という結果が出るはずですが、治療者側が間違った考えのもとに、間違った施術を行っているために、いつまでも良くならないと言いながら通院されている患者様を驚くほど頻繁に目にします。
身体への副作用があるにも関わらず、痛みをまぎらわせるために毎日ロキソニンやボルタレン、リリカなどを飲み続けてしまっている。
身体に障害を起こしてしまうかもしれないボキボキする危険なカイロプラクティックや強いマッサージで効かす整骨院に身体を任せている。
など、坐骨神経痛、椎間板ヘルニアを治すためなのに、症状が起こる本当の原因を知ることもできず、誤った処置を繰り返し受けてしまっている方が、実際にたくさんいらっしゃることは悲しいことです。
ですが一般の患者様が治すための専門的な施術や知識を正しく理解されていることはほとんどありませんし、それは実際とても難しいことだと思います。 私はきちんとした正しい情報が普及されていない医療の現場の現状に危機感を覚えています。

1人1人の症状に対しての正しい状態の把握をすることで、本当の原因を治療する側だけでなく患者様も理解することで、納得して施術を受け、日常生活の中で回復するための習慣を知る。 当たり前のことですが、これが最短で完全に回復するための考え方です。
多くの坐骨神経痛、椎間板ヘルニアに悩む患者様はインターネットやテレビ、雑誌などの曖昧な情報をもとに痛みを我慢しながら自己流で体操やストレッチなどを行われます。しかし一向に改善せず、どうすればいいかわからす悩まれたり、この先の不安を感じている方がたくさんいらっしゃいます。

しかし、今現在の最悪な状況がこの先も続くことをあなたも望んでいないはずです。
坐骨神経痛、椎間板ヘルニアに悩む患者様の多くはつらい坐骨神経痛、椎間板ヘルニアを何とかしようと努力しているのに、なかなかその症状を改善することができない状況にいる。

その状況を打破できることができたらあなたは何がしたいですか?

あなたの悩んでいる坐骨神経痛、椎間板ヘルニアの痛みから解放してみせます。




腰から足にかけての激痛を引き起こす坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛とは、その名の通り『坐骨神経』という神経が圧迫されて、お尻から足の後ろ側にひきつったような激痛が走る症状のことです。
坐骨神経痛の原因は腰のヘルニアやすべり症などが考えられていますが、実際はレントゲンやMRIを撮っても、原因不明のものがほとんどです。
腰から足の痛みで悩んでおられる方はなかなか改善しないために苦しんでおられます。

中医学では「腰腿痛」と病名がついています。腰から足にかけての痛みの症状の事を言います。


施術法は?

坐骨神経痛で病院を受診した場合はまず関節や筋肉の疾患などが疑われます。
  1. 腰椎椎間板ヘルニア
  2. 腰部脊柱管狭窄症
  3. 腰椎分離辷り(すべり)症
  4. 仙腸関節炎
  5. 梨状筋症候群
  6. 股関節疾患
徒手検査(ストレッチのようなもの)、痛みが出ている範囲、太ももやふくらはぎの筋肉の状態、X線やMRIの画像判断により判断されます。
坐骨神経痛の原因によって治療法は変わりますが、安静と痛み止めが主な施術法となります。 しかし
薬を飲んだり、注射をしてもなかなか治らない場合、一生この症状と付き合っていかないといけないか・・・ とあきらめる方が多くおられます。


木もれび鍼灸院の【坐骨神経痛】の考え方

まずは坐骨神経痛を『風寒湿邪』と『外傷』、『腎虚』の3つにあると考えます。

原因1:風寒湿邪

東洋医学では痛みを起こす原因を外からの邪によるものと考えます。
日本人ならば風邪が一般的ですね。風邪も東洋医学の考え方で発熱や悪寒、頭痛や首肩の痛みを伴うものと考えられますが、風邪のほかに寒邪や湿邪など邪の種類によって腰から足の痛みが引き起こされると説明されます。
例えば『葛根湯』は風寒邪の薬として古くから愛用されています。

原因2:外傷(瘀血)

腰やお尻の部分の捻挫や打撲が原因によるものです。
捻挫や打撲をした後に腰から足にかけて痛みや動きの制限が起こり、動かすと痛みが悪化します。

原因3:腎虚

東洋医学では体力が低下した状態を腎虚と呼びます。
腎虚の方は坐骨神経痛による痛みだけでなく、慢性的な疲労感、足の冷えなどを感じられます。

坐骨神経痛の痛みの初期は原因1、2の風寒湿邪、外傷(瘀血)で慢性化すると原因3の腎虚と判断します。
↓つまり
風寒湿邪or外傷(瘀血)→腎虚

治療には詳しい体質の分析や、その人に合わせたオーダーメイドの鍼灸治療が必要となってきます。 鍼灸治療では坐骨神経痛の初期に治療できると早く治りますが、慢性化し腎虚の状態になると治癒まで時間を必要とし、場合によっては治らないこともあります。



木もれび鍼灸院の考える【坐骨神経痛】の『証』

風寒湿邪
原因がわからず引き起こされる坐骨神経痛です。
足腰の痛みだけでなく首や背中の痛みやひきつりも同時に起こります。
外傷(瘀血)
腰やお尻の部分の捻挫や打撲など原因がはっきりしている坐骨神経痛です。
捻挫や打撲をした後に腰から足にかけて痛みや動きの制限が起こり、動かすと痛みが悪化します。
腎虚
坐骨神経痛が慢性化した状態です。
慢性的な疲労感や足腰の冷え感を伴います。

鍼灸の施術はどうするの?

一般的な治療院の施術方法

一般的な鍼灸院は症状の出ているところに針を刺したりお灸をしたりします。
腰や足の痛み怠さが主な症状なため、マッサージでごまかす治療院が多いでしょう。


当院の施術の特徴

当院では症状を引き起こしている気の滞りを改善するために1~5本しか鍼を刺しません。 マッサージも必要としません。
初回に
徹底したカウンセリングと診察により、どこが悪いのかを特定するので最小限の刺激しか必要としないからです。

坐骨神経痛を得意としているワケ

坐骨神経痛の症状でいきなり鍼灸治療を選択される方はおられないでしょう。 しかし木もれび鍼灸院に来院される方は9割以上、坐骨神経痛が改善されています。
例えば上記の風寒湿邪は筋肉や骨格に対して治療をしても、楽になったとしても一時的です。
また外傷(瘀血)や腎虚は気血の流れを改善しないと治りません。 このように鍼灸はそれぞれの『証』にあわせて治療します。
坐骨神経痛は一般的な症状であるにも関わらず有効な治療法がなく多くの方が悩んでおられます。
働き盛りの40代や定年退職後に坐骨神経痛が発症し、悩んでいる人もいます。 痛みのために仕事だけでなく趣味や娯楽をあきらめてしまう場合もあります。

治らないものだとあきらめてしまっておられる方。 そういった方の助けになりたいと思い、
当院では坐骨神経痛を専門的に施術しております。


施術の特徴

①施術方法を明確にします。

初回に症状が取るための施術方針をお伝えします。
症状により通院回数やペースにばらつきがありますので、説明いたします。

②治療終了後も症状が再発しないように指導します。

鍼灸治療は鍼灸師の一方通行の治療ではありません。
坐骨神経痛に悩んでおられる、あなたがその痛みの原因と対処法を知ることで、二度と痛みや足腰の違和感に悩まされなくなります。。




予約・問合せ

tell

mail

line



体験談

木中様 豊中市

Ⅰ.木もれび鍼灸院に来院するきっかけになった症状を教えてください。
腰痛がすごくひどくて、朝、顔を洗って洗面所でうつむいたら、それからまっすぐにできない状態でした。
膝痛は何十年と付き合ってきた。
だましだまし使えるけど、腰はまっすぐ慣れないから、とりあえずこの腰痛をなんとかしたいという思いできました。
Ⅱ.その腰痛の治療のために今まで、どんな治療をしてきましたか?
整形外科とかカイロプラクティック、整体とかですね。
整形外科で神経ブロックしてもらうと、一時的によくなる。一週間ぐらい。
でも麻薬患者みたいに注射の効果が切れると痛くなるみたいな感じで(笑)。
全然根本的にはよくならない。
カイロプラクティックは一時にはよくなったんだけど、なんか溜まっているというか残っている感じ。
Ⅲ.木もれび鍼灸院でハリ治療をしてからどのように変化してきましたか?
今はすごく腰が楽になりました。
朝、顔を洗ってもすっと腰が戻るようになった。
膝もかなりよくなって、痛みも気にならなくなった。
それから、自分では気にしてたけど、ハリでは治らないと思っていた、目の周りのクマも取れると言われ、それも薄くなってきました。 それは余分の喜びですね。
Ⅳ.鍼灸治療をどういった方にお勧めしたいですか?
腰痛持ちの方ってすごく多いと思います。
それなりにいろんな所へ行って、いろんな治療をしたけれども、治らない、すっきりしない治らないという方にお勧めしたい。
最後の砦という感じですね。

川内様 池田市

Ⅰ.木もれび鍼灸院に来られるきっかけを教えてください。
腰痛を2回目。去年1回して今年2回目です。
2週間我慢しておけばなんとか治る感じ・・・ ですが、今回はゴルフシーズンで月曜日痛くなって、木曜日になっても良くならない。
日曜日にゴルフコンペがあるんで・・・
それで会社の人から鍼は腰痛にすぐに効くよと聞いて、ネットで調べてこちらに寄せてもらいました。
Ⅱ.鍼治療を実際に受けられてどんな感じでしたか?
鍼して頂いて、15分ほど寝ている間、こういう感じ(手から腕にかけて何かを感じました。)
Ⅲ.腰痛の痛みの変化はありましたか?
すぐにはそうは感じなかったですけど、なんか良くなってきているよねってそういう感じです。
Ⅳ.鍼治療をまだ受けられたことのない方に一言。
腰痛の方。
私の場合の腰痛には向いていたなという気がします。

中野様  大阪府羽曳野市

Ⅰ.木もれび鍼灸院に来院されたきっかけを教えてください。
ぎっくり腰が再発してしまい、病院でブロック注射してもらったのですが、治りきらずに痛み止めの薬を飲んでるだけでした。 以
前羽曳野で先生の治療を受けたことがあったので、電話させてもらいました。
Ⅱ.治療受けて、腰痛はどのように変化しましたか?
痛みが激減しました。
寝返りできなかったのが、治療を受けたその日から寝返りができるようになり、嬉しかった。
Ⅲ.治療法に他の院とどんな点が違いますか?
整形外科ではレントゲン、痛み止め、リハビリ。
続けることができず中途半端に終わっていた。
木もれび鍼灸院では痛みを止めてくれる、根本的に再発を防ぐ方法を教えてもらえる。
Ⅳ.どのような方にお勧めしたいですか?
腰が痛いといった重傷な方。
リウマチで苦しんでおられる方。
Ⅴ.残っていた肩の痛みはどうですか?
痛みが無くなりました。


予約・問合せ

tell

mail

line

木もれび鍼灸院院長 木もれび鍼灸院院長弓削周平

長春中医薬大学 中医学士
長春中医薬大学 客員教授
吉林省公認 推拿師
北摂中医鍼灸研究会 代表


学生時代に父親がうつ病を発症。病院に行ったにも関わらず、完治することはなかった。この経験から精神疾患とそれに付随する不定愁訴(腰痛や不眠症、耳鳴りなど)で苦しんでおられる患者様と向き合おうと、伝統医学を極めるために中国の中医薬大学へ留学し、中医学と東洋医学(漢方・鍼灸)を体系的に学ぶ。日本に帰国後さらに日本伝統鍼灸を学び研鑽を積む。
この針治療が患者様からとても好評で多くのお喜びの声を頂いている。

→ブログ


木もれび鍼灸院
阪急石橋駅から徒歩5分
伊丹空港から15分
Address:大阪府池田市石橋1-23-5
TEL:072-761-5589
HP:https://www.ishibashikomorebi.com
Area:池田、豊中、箕面、尼崎はじめ大阪全域、北九州、名古屋、横浜、東京など全国から多数来院