本文へスキップ

頭痛の原因と針施術|木もれび鍼灸院

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.072-761-5589

大阪府池田市石橋1丁目23-5 神戸屋ビル1F

鍼灸が適応となる症状頭痛

頭痛zutsuu

症候別頭痛の説明はこちら>>>別ページへ移動します

もしあなたが

  • 頭痛で病院に受診するが、病気ではないと言われる
  • 偏頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛にも当てはまらず原因不明の強い頭痛で悩んでいる
  • 頭痛で何に行っても原因がわからない
  • 肩こり、頭痛、吐き気が起こると何もできなくなる
  • 頭痛になってから一週間以上ずっと続いている
  • ひどい頭痛の時は目が充血する頭が締め付けられるように痛くなる
  • MRIやCTでは異常がなかった
  • 私の頭痛はストレスから来ているから治すのは諦めている
  • 緊張型頭痛と診断されて頭痛薬を大量にもらった
このような症状に悩んでいるのであれば、当院にご相談ください。
必ずお役に立てるはずです。このまま読み進めてください。
もしそうでないなら右上の×ボタンを押してください。


まずは頭痛って?

頭痛には大きく分けて3種類あります。
  1. 片頭痛:ズキンズキンと脈打つような痛み
  2. 緊張型頭痛:肩こりと同時に起こってくる痛み
  3. 群発頭痛:自殺頭痛と言われ、強烈な痛みが巡ってくる
その他の痛み
  • 頭部神経痛(頸性頭痛、後頭神経痛など):末梢神経の痛みでビリビリ、チクチクする
  • 低髄液圧性頭痛(脳脊髄液減少症):むち打ちなどが原因と言われている
  • 労作性頭痛:ある特定の動作によって起こる痛み
以上のように西洋医学では頭痛を分類します。


 

痛くなる原因は?

片頭痛・緊張性頭痛・群発頭痛は『一次性頭痛』と言われ、原因がわかっていません。
一方、副鼻腔炎、鼻咽頭癌、中耳炎、虫歯、緑内障、脳腫瘍、頭部外傷など原因がはっきりしているものを『二次性頭痛』と言われます。
『二次性頭痛』には命にかかわるような脳出血や癌が原因の場合もあり、精密検査を必要とします。
『二次性頭痛』は疾患によって鍼灸治療の適応となりますので、当院まで問い合わせください。



鍼灸の施術はどうやってするの?

一般的な治療院の施術方法

一般の鍼灸院や鍼灸整骨院は、直接痛い場所に針を刺したりお灸をしたりします。
多くの医院や診療所では主に痛み止めによる対症療法が中心になります。
マッサージや整体、ストレッチを勧めているところも多くあります。


当院の施術の特徴

当院では症状を引き起こしている気の滞りを改善するために1〜5本しか鍼を刺しません。
マッサージやカウンセリングよりも体表の変化を重要視しています。 初回に徹底したカウンセリングと診察により、どこが悪いのかを特定するので最小限の刺激しか必要としないからです。


当院独自の頭痛の分類方法

痛みを止める=原因へアプローチ
頭痛の原因を5つの方向から分析します。

  1. 痛みの期間(ずっと、痛みだすと止まらない、たまに)
  2. 痛みの強さ(激痛、じわじわ痛む)
  3. 痛みの種類(シクシク、ズキズキ、ザクザク)  掣痛[ひきつった痛み]、跳痛[ずきずきする痛み]、灼痛、
     脹痛、重痛、痛みが収まらない隠痛[持続性の頭痛]、
     空痛[空虚感が伴う痛み]、昏痛[ぼんやりした痛み]、
     痛んだり痛まなかったり、疲労がたまると痛む。

  4. 痛みの場所(前、後、横、上、片側)
    頭痛の領域判断

  5. 痛みと併発する症状(悪寒、悪風)
     背筋がゾクゾクする、目が充血する、気持ち悪い、
     イライラする、めまいや腰痛がおこる、動悸がする、
     吐き気がする、触ると悪化するなど

@〜Dをしっかりと分けていきます。
それぞれの症状に合うツボを選択して治療します。

『通則不痛』『栄則不痛』という考え方が東洋医学にあり、この考え方を気が流すことによって痛みを改善する鍼灸治療の理論的な土台にしています。
気の流れの中でも特に膀胱経・胆経・小腸経・大腸経・三焦経・胃経という経絡の気の流れを感じ詰まりを改善します。



施術の特徴

@施術回数や通院ペースを明確にします。

初回に症状が取れるための治療方針をお伝えします。
症状の度合いにより通院回数やペースにばらつきがありますので、初診時に説明いたします。


A治療終了後も痛みが再発しないように指導します。

食事やお茶の摂り方や姿勢、呼吸の仕方や生活習慣を指導することで、自分で症状をコントロールすることが出来るようになり、頭痛に苦しまないようになります。


予約・問合せ






木もれび鍼灸院院長 木もれび鍼灸院院長弓削周平

長春中医薬大学 中医学士
長春中医薬大学 客員教授
吉林省公認 推拿師
北摂中医鍼灸研究会 代表


学生時代に父親がうつ病を発症。病院に行ったにも関わらず、完治することはなかった。この経験から、精神疾患とそれに付随する不定愁訴(腰痛や不眠症、耳鳴りなど)で苦しんでおられる患者様と向き合おうと、伝統医学を極めるために、中国の中医薬大学へ留学し、中医学と東洋医学(漢方・鍼灸)を体系的に学ぶ。日本に帰国後さらに日本伝統鍼灸を学び、研鑽を積む。
この針治療が患者様からとても好評で多くのお喜びの声を頂いている。

→アクセス
→コラム
→ブログ


お問い合わせはこちら木もれび鍼灸院
阪急石橋駅から徒歩5分
伊丹空港から15分
Address:大阪府池田市石橋1-23-5
TEL:072-761-5589
HP:http://www.ishibashikomorebi.com
Area:池田、豊中、箕面、尼崎はじめ大阪全域、北九州、名古屋、横浜、東京など全国から多数来院