本文へスキップ

便秘で困ってるのなら針治療専門の木もれび鍼灸院

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.072-761-5589

大阪府池田市石橋1丁目23-5 神戸屋ビル1F

鍼灸の適応となる症状便秘

便秘

もしあなたが

  • お薬を飲まないと出ない
  • お腹はキュルキュルなるが出ない
  • 仕事で我慢していたら癖になって出ない
  • 温めたり呼吸法を試しているが出ない
  • 硬くカチカチになると傷ついて痛い
  • 便秘と下痢を交互に繰り返す
  • 日々の生活について回る
  • 顔は吹き出物だらけ
  • 遺伝だと思っている

このような症状に悩んでいるのであれば、当院にご相談ください。
必ずお役に立てるはずです。このまま読み進めてください。
もしそうでないなら右上の×ボタンを押してください。


腸はあなたの身体のバロメーター

トイレでチェックしていますか??

便は汚い・臭いだけではなく、身体の健康状態の基準となるもの。
嫌がらずにトイレをのぞきこんでみてください。
便秘改善のヒントがそこにありますよ。



木もれび鍼灸院の考える便秘

私は学生時代に風邪薬の副作用で便がまったくでなくなったことがあります。
おなかが張って本当に苦しかったのを今でも覚えています。
そんな苦しみからあなたを救いたい、便秘薬に頼ってほしくないと思っています。
便秘薬を飲むと、逆に下痢になりませんか?
実は大腸の動きを悪くすることで便を下痢にして出しやすくするのが便秘薬。
だから習慣的に飲んでしまうと腸機能が弱っていきます。

木もれび鍼灸院では食物繊維やお腹を温めようなどといった素人療法ではない、伝統医学のプロの視点から食事や養生指導を行います。
食事や体操、今まで色々なことを試してきた。
でもやっぱり便は硬いまま。 そんなあなたの便秘を私に任せてください。



東洋医学的【便秘】の原因とは

原因1:胃腸に熱がこもっている。
風邪や辛いものを食べすぎると胃に熱がこもります。
他にもストレスによって熱がこもることもあります。
熱が腸に伝わると水分が乾燥して便秘になります。

最近の人に多いのがこの熱タイプの便秘。
食べ過ぎやストレスに心当たりのある方も多いのではないでしょうか?
熱タイプにはお腹を温めても便秘は改善できません。
熱を取る漢方や【清熱法】という鍼灸で解消することが出来ます。


原因2:身体全体が冷えている
体力が落ちてくると、身体が冷え、頻尿になる。
冷えからの頻尿の為に、水分が不足し、便が硬くなり便秘になってします。
女性のかたに多い冷えタイプの便秘。
顔色が悪い、疲れやすい冷えるなどといった症状の方はこの冷えタイプの便秘かもしれません。

原因1と2は全く違います。
熱タイプに温めても効果が出ませんし、冷えタイプには腸に負担をかけるような食物繊維を大量にとるようなことはお勧めできません。

原因をしっかり分けないと症状は解消しません。
私はあなたの日常や体質の問題点を見つけ出し的確にアドバイスさせて頂きます。

当院では原因から日常の食事やお茶、呼吸法などの指導も力を入れており、 健康に過ごせるための生活習慣を築ける手助けをさせていただいております!!



鍼灸の施術はどうするの?

木もれび鍼灸院の施術は一般の治療院とは大きく異なります!


一般的な治療院では便秘だから冷えだと断定して温めたりしますが、全ての人に温めるのはお勧めしていません。
当院では症状を引き起こしている熱や冷えを改善するために1〜5本しか鍼を刺しません。
また患部(お腹)にお灸をすることもしませんし、マッサージも必要としません。
初診時に徹底したカウンセリングと診察を行い、あなたの苦しんでいる便秘の根本原因(上記の原因は簡単に説明したもの)をつきとめます。
鍼灸の治療効果を上げるために最小限の刺激(ハリやお灸の数や刺激の強度)で効いたか効いてないかを見極めます。
最小限の刺激=身体にとって優しい鍼灸治療を提供することが可能になっています。



丁寧なカウンセリングから見えてくる便秘とは?

当院独自の便秘の分類方法

  1. 痛みを伴う便秘(実証)
  2. 痛みを伴わない便秘(虚証)
1.2.を治療の根幹として設定します。
プラス、便秘の度合、環境、起こる時間や季節などを総合的に判断してさらに細かく分けていきます。



施術の特徴

@施術方針を明確にします。

初回にあなたの便秘が改善するための当院の施術方法と考え方、施術の頻度を説明します。


@施術方針を明確にします。

当院では養生法やセルフケアをお伝えすることが大切だと考えています。ずっと通い続けるのではなく、自分で体調を整える方法をお伝えします。


予約・問合せ





木もれび鍼灸院院長 木もれび鍼灸院院長弓削周平

長春中医薬大学 中医学士
長春中医薬大学 客員教授
吉林省公認 推拿師
北摂中医鍼灸研究会 代表


学生時代に父親がうつ病を発症。病院に行ったにも関わらず、完治することはなかった。この経験から精神疾患とそれに付随する不定愁訴(腰痛や不眠症、耳鳴りなど)で苦しんでおられる患者様と向き合おうと、伝統医学を極めるために中国の中医薬大学へ留学し、中医学と東洋医学(漢方・鍼灸)を体系的に学ぶ。日本に帰国後さらに日本伝統鍼灸を学び研鑽を積む。
この針治療が患者様からとても好評で多くのお喜びの声を頂いている。

→ブログ


木もれび鍼灸院
阪急石橋駅から徒歩5分
伊丹空港から15分
Address:大阪府池田市石橋1-23-5
TEL:072-761-5589
HP:https://www.ishibashikomorebi.com
Area:池田、豊中、箕面、尼崎はじめ大阪全域、北九州、名古屋、横浜、東京など全国から多数来院